Streaming by Ustream

2012年06月10日

500人規模の活動に!

高校の野球部時代は、毎日雨が降ってほしいと本気で願っていたイシイです。(苦笑)

9日は雨で元々の予定がなくなったため、コミュニティ企画・運営の勉強をしてきました。
(コミュ二ティ戦略パートナーサービスというものを受講して定期的に通って勉強しています。詳細→http://empublic.jp/partner/index.htm

行くたびに新しい発見があり刺激を受けていますが、今回印象に残っているのは"規模"の話です。具体的には500人くらいの人に影響を与えて初めて、「何かが起きている」と社会が認識するだろうということです。逆に言えば、今自身がやっている異業種交流フットサルや国際交流バレーボールは集まっても30名であり、もしかすると「奇特な人がいるもんだ」と流される可能性もあるということです。

したがって、今後どのように500人規模の活動を目指すかというのは、重要なポイントになってきます。これまでの異業種交流フットサルや国際交流バレーボールのような活動を10種類以上つくるというのも一つの策になり得ますが、もっと異なる形態の活動を検討していかなくてはいけない段階にきているなと最近は感じています。

また来週には運営会議もやることですし、様々なバックグラウンドの方々の知恵を結集して新しいことを生み出したいと思います!
posted by オーミネ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

今考えている3つのステップ

今年に入って、きゅぽらスポーツコミュニティで新たに運営会議(中身はほぼ"商品開発会議"に近いですが)の場を設けたり、自分自身エンパブリック社のコミュニティ戦略パートナーサービスを受講したり、さらに最近はコミュニティ運営の先駆者に相談させていただいたり、同じ大学出身でスポーツを通じた社会変革を志している方々とお話させていただいたりという中できゅぽらの活動の方向性をいろいろと模索している日々が続いています。

その中で今は3つのステップという段階を踏んでいくのがしっくりくるかなと思っています。
第1ステップは、今メインにやっている異業種交流フットサル、国際交流バレーボール、親子交流リングビー&ダーカウの3つの活動であり、これらの活動は"交流ツール"としてのスポーツと一括りにすることもできます。

第2ステップとしては、第1ステップでの交流、コミュニケーションを深める中で新たな活動が増えていくことだと思っています。
これまでには、ポッドキャスト配信、運営会議兼勉強会、料理交流などが新たな活動として生まれ、今後も新たな企画としてバレー観戦(五輪予選)、ハイキング、ビーチバレーなどが予定されています。

ただそれでもまだ甘いなと思っていて(本当に地域のためになっているのか定かではない)、第3のステップとしては様々な地域資源を"見える化"させることが重要と思っています。
第2ステップでのそれぞれの得意分野を活かした企画立案も見える化の一つだと思いますし、個々のアイデア、スキルもあれば、公園やお店などのハードも含め、地域に埋もれているあらゆるものを"見える化"させる。また今やソーシャルビジネスでは白書をつくって社会課題を明らかにさせることが代表的な手法となっていますが、スポーツを白書に替わる"新たな表現手段"として、社会課題・地域課題を見える化させることもできないかと考えています。
※白書の事例としては、中退白書、産後白書、若者ホームレス白書、健診弱者白書など

ちなみに自分がすごいなと見ている先駆的事例は、
・川崎フロンターレの算数ドリル
・スポーツごみ拾い
でこの2つの事例は、スポーツが社会変革に直接的に結びついているなと感じます。

自分自身の中で日々考えは変化していますが、以上が現時点で最新の考えです!
(第3ステップはまだわかりやすくまとまっていませんが・・・)
posted by オーミネ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

西川口の清掃活動へ

イシイです。

今日は知り合いの方に教えていただき朝から1時間ほど西川口駅近くで清掃活動をしてきました!

集まったのは10名ほどでした。まちづくり川口というNPO法人が主催されていて、毎月第一日曜日に開催されているとのことです。5年近く前から活動をされているそうで、すごいです。最初の時期にはミニスカートの女性がたくさん参加されていたのだとか。(笑)

今回はそんな華やかな感じではありませんでしたが、それでも高校生や外国の方など10名くらいでもかなり多彩な顔触れになっていたと思います。

今まで比べてゴミの量は少なかったようですが、1時間やってこれだけ集まりました。

CIMG1770.JPG

現場に行ってこそ、またいろんな学びがありました!!

ラベル:イシイ 川口
posted by オーミネ at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

国際通りの印象

イシイです。

実は今週2泊3日で沖縄に行って参りました。
半分仕事、半分遊びという感じです。

そこで何回かに分けてこちらでも発信していきたいと思います!

交通手段をあえて1日ごとに変えて、1日目は電車、2日目はレンタカー、3日目はバスでしたが、観光地どうこうよりも、歩きながら通りを見ているのがやはり一番楽しかったですね。
むしろ観光地になってない方が日常が見えておもしろかったりもします。

そして今回は1日目をメインに歩いた国際通りについて書きます。
沖縄の観光地のメインと言われるところで那覇空港からゆいレール(モノレール)に乗っていけます。

CIMG1685.JPG

この国際通りは一直線になっているのですが、駅で言うと2駅分の距離にあたります。
そこで特に印象に残ったのは3点です。

1.Tシャツ屋が多い

CIMG1687.JPG

店が一つなら分かるのですが、歩いても歩いても同じようなTシャツ屋が出現するので印象に残ってしまいました。お店をやる側としても、数がありすぎるとやりにくいけど、一つだけしかないと差別化できているようでインパクトに欠けて効果がないということにもなりかねないのかなと感じましたね。

また派生して気付いたのは、沖縄と言えばアロハ、デザインで他と差別化できている地域って日本を見て他にはそうないんじゃないかと思いましたね。

2.婦人服売り場が多い

こちらは国際通り沿いではなく、道を横に曲がって市場に入っていくところ特にたくさんあるのdすが、
(婦人服の)お店を出しながら昼ご飯を食べているおばさん達も多く、その自然な感じが印象に残りましたし、こちらもこんなになくてもいいでしょと思ってしまうくらいにあったのでとても印象に残っています。(笑)

ある地域では、その存在が(婦人服ではなく)旅館になるかもしれませんし、おばさん達の居場所があるって地域にとっては重要だなと改めて感じました。

CIMG1689.JPG

3.マンスリーマンションやゲストハウスが多い

ホテルも多い中で1泊1500円くらいで泊まれる(素泊まり)宿が複数ありました。こちらも沖縄ならではの傾向だと思いましたが、逆に(川口も含め)他の地域にもこのような場があったら特に学生にはありがたいなと感じました。
ラベル:イシイ 川口
posted by オーミネ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

アンギョウザクラ

CIMG1680.JPG

イシイです。
上の写真は川口駅前のキュポ・ラ広場ですが、今安行桜(アンギョウザクラ)がきれいに咲いています!

早咲きの桜で有名な地域と言えば、静岡の"河津桜"だと思うのですが、川口にもこの安行桜があるということを今回こちらを通りがかったことで恥ずかしながら初めて知りました。

実際に安行地区にある公園は、今の時期から花見でかなり賑わっていることと思われます。

安行地区は川口の北東部で、自身の居住地域である川口駅からはかなりの距離があることもあり、小さい頃からかなり縁遠くはありますが、広報かわぐちによると今年の2月には外国人向けに観光ツアーも行ったようですし、川口をアピールするにはおもしろい地域のようです。

そのうち見に行ってみたいと思います!
ラベル:イシイ 川口
posted by オーミネ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
omine13 - View my '川口' set on Flickriver
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。